スポーツ

井上尚弥の年収(スポンサーやファイトマネー)はいくら?戦績も紹介

スポンサーリンク

井上尚弥選手は日本を代表するプロボクサーで負け知らずの世界チャンピオンです。

日本人トップアスリートの年収ランキングが発表されましたが、最も高額だった選手はプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手で、その年収はなんと75億円でした。

WBSSでの優勝や3階級制覇など、愛称であるモンスターという名に相応しい活躍を見せている井上尚弥選手ですが、スポンサー料やファイトマネーを含めた年収がどれくらいの金額なのか気になりますよね。

そこで今回の記事では、プロボクサー井上尚弥選手の年収について調査しました。

併せて、これまでのプロ戦績やプロフィールについて紹介します。

スポンサーリンク

井上尚弥の年収(スポンサーやファイトマネー)はいくら?

井上尚弥の年収(スポンサーやファイトマネー)はいくら?戦績も紹介

早速、井上尚弥選手の年収がいくらなのか見ていきましょう!

収入の中には主に以下の内容が含まれます

<収入の主な内容>

  • ボクシングのファイトマネーや賞金
  • スポンサー契約料
  • CM出演料
  • メディア出演料

ボクシングのファイトマネーや賞金

まずは本業であるボクシングでのファイトマネーや賞金がどれくらいなのか見ていきましょう。

直近6試合のファイトマネーは以下の通りです。

試合の日程 対戦相手 ファイトマネー(推定)
2017年9月 アントニオ・エニベス

(WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ)

約2,000万円
2018年5月 ジェイミー・マクドネル

(WBA世界バンダム級タイトルマッチ)

約4,000万円
2019年11月 ノニト・ドネア

(WBSSバンダム級 決勝)

約1億2,000万円
2020年10月 ジェイソン・モロニー 約1億2,000万円
2021年6月 マイケル・ダスマリナス 約1億2,000万円
2021年12月 アラン・ディパエン 約1億2,000万円

WBSS決勝戦以降、井上尚弥選手のファイトマネーは1試合あたり約1億2,000万円(100万ドル)が相場となっているようです。

通常、日本人の世界チャンピオンでも1試合あたりのファイトマネーは多くても数千万円と言われています。

それと比較すると、井上尚弥選手のファイトマネーがいかに高額だということがわかりますよね。

ただし、ファイトマネーは選手が全額もらえるのではなく、プロモーション会社へのマネジメント料(33%)やトレーナーなどにも一定の金額を支払う必要があります。

そのため、1億2,000万円のファイトマネーでも、実際に井上尚弥選手が受け取る金額としては約半分の6,000万円程度となるようです。

さらに世界チャンピオンともなれば、基本的に試合は年間で1~2試合しか開催されないため、ファイトマネーでの収入は6,000万円~1億2,000万円という計算になりますね。

一方で、海外の人気選手が出場するボクシングの試合では、100億円規模のファイトマネーが動くこともあります。

これまでに史上最高額のファイトマネーが支払われたビッグマッチでは、2人合わせて約350億円というファイトマネーが動きました。

それは2015年にアメリカのラスベガスで開催されたWBA・WBC・WBOウエルター級の3団体統一戦『フロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)vs. マニー・パッキャオ(フィリピン)』の試合でした。

その試合では、フロイド・メイウェザー・ジュニア選手のファイトマネーが約200億円、マニー・パッキャオ選手のファイトマネーは約150億円だったそうです。

ボクシングの試合では1ラウンド3分で、世界戦では12ラウンド行われますが、合計36分の試合で約350億円のファイトマネーが動くとは夢がある魅力的なスポーツですよね。

世界的にも人気が高まっている井上尚弥選手なので、対戦相手や開催場所によっては今後さらに高額なファイトマネーを提示されるかもしれませんね。

日本人スポーツ選手としては初めてとなる”年収100億円”も夢ではないかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサー契約料

次に、企業とのスポンサー契約料について見ていきましょう。

2021年12月時点で、井上尚弥選手は以下の企業とスポンサー契約を結んでいます。

<井上尚弥選手のスポンサー(2021年12月時点)>

  • SIX PAD(トレーニング機器)
  • エステティックTBC
  • NTTぷらら(ひかりTVなど)

この3社だけでスポンサー料は、約5億円と推定されています。

2021年12月に開催されたアラン・ディパエン選手との試合後、さらに複数の企業からスポンサー契約のオファーが来ているそうで、5~7社と契約を結ぶようです。

そのため、2022年のスポンサー料は総額で約10億円になる見込みだそうです。

1年間のスポンサー料だけで約10億円とは驚きの金額ですよね。

CM出演料

次に、井上尚弥選手が出演しているCMの出演料について見ていきましょう。

井上尚弥選手が主に出演しているCMは以下の通りです。

<井上尚弥選手の出演CM>

  • ZAVAS(プロテイン)
  • ウィルキンソン(炭酸水)
  • BODYWILD(アンダーウエア)
  • エステティックTBC
  • SIX PAD

井上尚弥選手のCM出演料は、1社あたり約2,000万円と言われています。

現在、5社のCMに出演していますので、CM出演料の収入だけでも1億円を超えています。

ボクサーがこれだけ多くのCMに出演していること自体とても珍しいことですよね。

メディア出演料

次に、井上尚弥選手のメディア(スポーツ番組など)の出演料について見ていきましょう。

井上尚弥選手は第70回紅白歌合戦やジャンクSPORTなど、テレビ番組にも多数出演しています。

出演料は1回あたり数十万円と推察されますが、年間での出演回数は数回程度と多くはないので、収入としては数十万円と少額となっているようです。

スポンサーリンク

井上尚弥の戦績は?

井上尚弥の年収(スポンサーやファイトマネー)はいくら?戦績も紹介

井上尚弥選手のこれまでの戦績について見ていきましょう。

試合日程 対戦相手 勝敗
1戦目 2012年10月2日 クリソン・オマヤオ ○4R 2:04 KO
2戦目 2013年1月5日 ガオプラチャン・チュワタナ(タイ) ○1R 1:50 KO
3戦目 2013年4月16日 佐野友樹(日本) ○10R 1:09 TKO
4戦目 2013年8月25日 田口良一(日本) ○10R 判定3-0
(97-94,98-93,98-92)
5戦目 2013年12月6日 ヘルソン・マンシオ(フィリピン) ○5R 2:51 TKO
6戦目 2014年4月6日 アドリアン・エルナンデス(メキシコ) ○6R 2:54 TKO
7戦目 2014年9月5日 サマートレック・ゴーキャットジム(タイ) ○11R 1:08 TKO
8戦目 2014年12月30日 オマール・ナルバエス(アルゼンチン) ○2R 3:01 KO
9戦目 2015年12月29日 ワーリト・パレナス(フィリピン) ○2R 1:20 KO
10戦目 2016年5月8日 デビッド・カルモナ(メキシコ) ○12R 判定3-0
(118-109×2、116-111)
11戦目 2016年9月4日 ペッバーンボーン・ゴーキャットジム(タイ) ○10R 3:03 KO
12戦目 2016年12月30日 河野公平(日本) ○6R 1:01 TKO
13戦目 2017年5月21日 リカルド・ロドリゲス(アメリカ) ○3R 1:08 KO
14戦目 2017年9月9日 アントニオ・ニエベス(アメリカ) ○6R 終了 TKO
15戦目 2017年12月30日 ヨアン・ボワイヨ(フランス) ○3R 1:40 TKO
16戦目 2018年5月25日 ジェイミー・マクドネル(イギリス) ○1R 1:52 TKO
17戦目 2018年10月7日 ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国) ○1R 1:10 KO
18戦目 2019年5月18日 エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ) ○2R 1:19 KO
19戦目 2019年11月7日 ノニト・ドネア(フィリピン) ○12R 判定3-0
(116-111,114-113,117-109)
20戦目 2020年11月1日 ジェイソン・モロニー(オーストラリア) ○7R TKO
21戦目 2021年6月20日 マイケル・​ダスマリナス(フィリピン) ○3R TKO
22戦目 2021年12月14日 アラン・ディパエン(タイ) ○8回TKO
23戦目 2022年6月7日 ノニト・ドネア(フィリピン) 予定

これまでプロ戦績は22戦22勝0敗という圧倒的な成績を収めています。

判定までもつれ込んだ試合はわずか3試合で、22試合のうち19試合でKO勝利を収めています。

そのKO率はなんと「86.3%」という驚異的な数字となっていますね。

スポンサーリンク

井上尚弥のプロフィール

井上尚弥選手の簡単なプロフィールを紹介します。

●名前:井上 尚弥(いのうえ なおや)

●愛称:モンスター

●生年月日:1993年4月10日

●出身地:神奈川県座間市

●身長:約165 cm

●体重:

●血液型:A型

●学歴:相模原青陵高等学校 ⇒ 拓殖大学(4年生で中退)

●職業:プロボクサー

●所属:大橋ジム

●主な獲得タイトル:

  • 第36代日本ライトフライ級チャンピオン
  • 第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級チャンピオン
  • WBC世界ライトフライ級チャンピオン
  • WBO世界スーパーフライ級チャンピオン
  • WBA世界バンタム級チャンピオン
  • WBA世界バンタム級スーパーチャンピオン
  • IBF世界バンタム級チャンピオン
  • リングマガジン世界バンタム級チャンピオン
  • World Boxing Super Seriesバンタム級優勝
スポンサーリンク

井上尚弥の年収(スポンサーやファイトマネー)はいくら?戦績も紹介まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、プロボクサー井上尚弥選手の年収について調査し、併せて、これまでのプロ戦績やプロフィールについて紹介しました。

2022年6月には伝説のチャンピオンであるノニト・ドネアとの再戦が控えていますが、どのような試合になるのか楽しみですね。