グルメ

まずい棒は何味で製造元はどこ?値段やどこで買えるのか調査!

まずい棒は何味で製造元はどこ?値段やどこで買えるのか調査!
スポンサーリンク

まずい棒は銚子電鉄の各駅で販売されているお菓子ですが、2022年のゴールデンウイークに完売したということで話題になっています。

そこで今回の記事では、まずい棒には何味があって、製造元はどこなのか調査しました。

また、併せて値段やどこで買えるのか紹介していきます。

スポンサーリンク

まずい棒は何味がある?

まずい棒をYahoo!やGoogleで検索すると、『まずい棒 味』というキーワードが出てきます。

みなさん、まずい棒にはどんな種類の味があるのか気になっているようですね。

そこで、何の味のまずい棒が販売されているのか調査しました。

まずい棒は、千葉県銚子市にあるローカル鉄道『銚子電気鉄道株式会社』が2018年8月3日から販売を開始したお菓子で、累計約350万本を達成するなど人気を集めています。

千葉県銚子市の名産品にトウモロコシがあったため、1番最初に『コーンポタージュ味』が発売されて以来、これまでに以下の味が販売されています。

<まずい棒の味>

  • コーンポタージュ味
  • チーズ味
  • か~るいチーズ味
  • 炭火地鶏味
  • ぬれ煎餅味
  • チキンカレー味
  • わさび味
  • 岩下の新生姜味
  • 沖縄パイン味

(2022年5月時点の情報)

2022年5月時点で銚子電鉄公式サイトのオンラインショップで販売されている情報などから、9種類の味のまずい棒が販売されていることがわかりました。

よく似ていると言われている『うまい棒』には無い味が多いですよね。

そもそもなぜ『まずい棒』という名前になったのでしょうか?

まずい棒は銚子電鉄が制作・販売しているお菓子ですが、銚子電鉄は最近乗客が減ったことなどによる影響で、経営が赤字に転落したそうで、副業として販売している『ぬれ煎餅』が収益の7割を占めているという状況らしいです。国からの補助金の金額も減ったことで、このままでは『まずい』という背景から、この『まずい棒』というお菓子が誕生したそうです。

まずい棒のパッケージは味ごとに違って、漫画界で活躍している日野日出志さんが描いたオリジナルキャラクターがデザインされていて可愛いです。

スポンサーリンク

まずい棒の製造元はどこ?

まずい棒は何味で製造元はどこ?値段やどこで買えるのか調査!

まずい棒の製造元はどこの会社なのでしょうか?

商品のパッケージには、製造元の情報が記載されていません。

『まずい棒』が発売された当時の新聞記事の情報によると、千葉県内にあるスナック菓子製造メーカーが製造元であると言われています。

銚子電鉄から、その製造元に依頼して製造しているようです。

千葉県内にあるスナック菓子製造工場を調査すると以下が挙がってきました。

  • 小林製菓株式会社
  • あられちゃん家
  • 平塚製菓株式会社

など

有力な情報は出ていませんが、上記のいずれかのメーカーに委託製造しているかもしれませんね。

スポンサーリンク

まずい棒の値段はいくら?

次にまずい棒の値段がいくらなのか紹介します。

<まずい棒の値段>

  • まずい棒 コーンポタージュ味:10本入り378円(1本あたり37.5円)
  • まずい棒 か~るいチーズ味:10本入り378円(1本あたり37.5円)
  • まずい棒 ぬれ煎餅味:10本入り378円(1本あたり37.5円)
  • まずい棒 チキンカレー味:10本入り410円(1本あたり41円)
  • まずい棒 岩下の新生姜味:10本入り410円(1本あたり41円)
  • まずい棒 沖縄パイン味:10本入り410円(1本あたり41円)

まずい棒は1本あたり37.5~41円ということがわかりました。

みなさん馴染みのある『うまい棒』と比較すると、やや高めの値段設定となっていますね。

2022年4月に『うまい棒』は10円から12円に値上げされたことが大きく話題となりましたが、『まずい棒』はもともと値段が高めに設定されているということもあり、値上げされませんでした。

スポンサーリンク

まずい棒はどこで買える?

次にまずい棒がどこで買えるのか紹介します。

購入できる場所は以下の通りです。

  • 銚子電鉄の各駅
  • ぬれ煎餅駅(土産物店)
  • 通販(銚子電鉄の公式オンラインショップ)
  • 通販(Amazon)

2022年5月時点で、大手通販サイトではAmazonからのみ購入することができるようで、楽天やYahooショッピングでは購入することができないようです。

スポンサーリンク

まずい棒は何味で製造元はどこ?値段やどこで買えるのか調査!まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、まずい棒には何味があって、製造元はどこなのか調査し、併せて値段やどこで買えるのか紹介しました。

2022年5月時点の情報では、以下の味が販売されています。

<まずい棒の味>

  • コーンポタージュ味
  • チーズ味
  • か~るいチーズ味
  • 炭火地鶏味
  • ぬれ煎餅味
  • チキンカレー味
  • わさび味
  • 岩下の新生姜味
  • 沖縄パイン味

(2022年5月時点の情報)

製造元は、千葉県内にあるスナック菓子製造メーカーですが、確定情報はありあせんでした。

まずい棒の値段は1本35円~40円で、うまい棒と比較すると少しお高めの価格設定になっていますね。

また、以下から購入することができます。

  • 銚子電鉄の各駅
  • ぬれ煎餅駅(土産物店)
  • 通販(銚子電鉄の公式オンラインショップ)
  • 通販(Amazon)