スポーツ

佐々木朗希の2023年の年俸はいくら?成績や年俸推移から予想!

佐々木朗希の2023年の年俸はいくら?成績や年俸推移から予想!

佐々木朗希選手は千葉ロッテマリーンズの先発投手のローテーションとして大活躍していますね。

2022年4月10日のオリックス・バファローズ戦では、20歳という若さでプロ野球28年ぶりの完全試合を達成したことで、注目度が一気に高まった選手ですよね。

早くも佐々木朗希選手の2023年の年俸がいくらになるのか気になっているファンも多いようです。

メディアでもメジャーなら数百億円!など、注目が集まっています。

そこで今回の記事では、佐々木朗希選手の2023年の年俸がいくらになるのか、成績や年俸推移から予想しました。

佐々木朗希の2022年の年俸はいくら?

千葉ロッテマリーンズに所属している佐々木朗希選手は先発投手として大活躍しています。

2022年のシーズンでは、プロ野球で28年ぶりとなる完全試合を達成し、次の試合でも8回までパーフェクトピッチングで『17イニング連続無安打』と『52者連続アウト』という異次元の投球を披露しましたね。

まずはじめに、佐々木朗希選手が千葉ロッテに入団して以降の成績や年俸推移を調査しました。

佐々木朗希の成績

佐々木朗希選手は18歳でプロ野球の千葉ロッテマリーンズに入団しています。

佐々木朗希選手は投手として登録されており、これまでの成績を簡単にまとめています。

<投手成績(所属:千葉ロッテマリーンズ)>

1年目の2020年シーズンは1軍の試合での出場はないため、1軍での記録はありません。

年度 年齢 勝利 敗戦 奪三振 防御率
2021年 20歳 3 2 68 2.27
2022年 21歳 3 0 60 1.50

(2022年の成績は2022年4月25日時点の情報)

2021年5月15日にプロ初登板して以降、先発として活躍しています。

入団2年目の2021年シーズンの成績を見ると、勝利に繋がってはいないものの、防御率が2.27という先発としては素晴らしい成績を収めています。

2022年は開幕直後(4月時点)までの情報ですが、完全試合達成など驚異的な好成績を収めており、令和の怪物という名に相応しい活躍を見せていますね。

佐々木朗希の年俸推移

佐々木朗希の2023年の年俸はいくら?成績や年俸推移から予想!

佐々木朗希選手がプロ野球(千葉ロッテマリーンズ)に入団してから、2022年シーズンまでの年俸推移を調査しました。

佐々木朗希選手は高校時代から令和の怪物として注目されており、2019年のドラフト会議では、『北海道日本ハムファイターズ』、『千葉ロッテマリーンズ』、『東北楽天ゴールデンイーグルス』、『埼玉西武ライオンズ』のパ・リーグ4球団からの1位指名を受けて、抽選の結果、千葉ロッテマリーンズに入団しました。

超高校級の選手だったこともあり、最高条件(契約金1億円+出来高5,000万円、年俸1,600万円)で契約しています。

1年目以降の年俸推移は以下のとおりです。

<年俸(所属:千葉ロッテマリーンズ)>

年度 年齢 年俸
2020年 19歳 1,600万円
2021年 20歳 1,600万円
2022年 21歳 3,000万円

2020年は1軍での登板がなかったこともあり、2021年の年俸は1年目と同じ1,600万円で推移していますが、2021年シーズンでは1軍で活躍したため、2022年は2021年の年俸の約2倍となる3,000万円となっています。

他の高卒選手の年俸推移は?

佐々木朗希選手と同じように高卒でプロ野球に入団して活躍した代表的なピッチャー(ダルビッシュ有選手、田中将大選手、前田健太選手、山本由伸選手)の年俸推移を調査しました。

年数 ダルビッシュ有 田中将大 前田健太 山本由伸
1年目 1,500万円 1,500万円 800万円 500万円
2年目 3,000万円 6,000万円 800万円 800万円
3年目 7,200万円 9,500万円 2,500万円 4,000万円
4年目 2億円 9,500万円 4,800万円 9,000万円

2年目のシーズンから先発投手として活躍した4選手の年俸推移です。

3年目の年俸が佐々木朗希選手の年俸(3,000万円)と近い金額なのは前田健太選手と山本由伸選手なので、この2人の4年目の年俸が参考になる可能性が高いですね。

特に山本由伸選手は佐々木朗希選手と同じように3年目に大活躍したという実績を踏まえると、最も参考になるかもしれません。

プロ野球ファンの予想は?

次にプロ野球のことをよく知っているファンの方々は、佐々木朗希選手の2023年の年俸がどれくらいになると予想されているのでしょうか?

SNS上で調査してみました。

佐々木朗希、このまま行けば来季の年俸1億行くのでは
佐々木朗希年俸3,000万円か。2ケタ勝利したら大台に乗りそうだな。
来季の佐々木朗希さんの年俸は3億でも安い!

プロ野球ファンのみなさんはこのまま活躍し続ければ、1億円以上となると予想されている方が多かったです。

そして、将来的な年俸として、以下の予想もされています。

佐々木朗希、メジャーリーグいったら年俸50億円以上の価値がつきそう

メジャーリーグへ挑戦するかどうかは不明ですが、もし挑戦するようなことがあれば、高額年俸となることは間違いなさそうですね。

佐々木朗希の2023年の年俸は?

この記事を書いたのは、2022年シーズンの序盤なので、今後の活躍次第では大きく変化する可能性がありますが、

様々な情報から、佐々木朗希選手の2023年の年俸は『1億円程度』になると予想されます。

佐々木朗希のプロフィール

佐々木朗希選手のプロフィールを紹介します。

名前:佐々木 朗希(ささき ろうき)

生年月日:2001年11月3日

出身地:岩手県陸前高田市

身長:190 cm

体重:約85 kg

出身校:岩手県立大船渡高等学校

職業:プロ野球選手(2019年ドラフト1位)

所属:千葉ロッテマリーンズ

ポジション:投手

メジャーリーグでも大活躍している大谷翔平選手と体格や出身地、ポジションが似ていますよね。

佐々木朗希選手も今後、メジャーリーグで活躍する日が来るかもしれませんね。

佐々木朗希の2023年の年俸はいくら?成績や年俸推移から予想!まとめ

佐々木朗希の2023年の年俸はいくら?成績や年俸推移から予想!

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、佐々木朗希選手の2023年の年俸がいくらになるのか、成績や年俸推移から予想しました。

2022年シーズンで年俸は3,000万円で、2桁勝利など活躍すれば、2023年の年俸は1億円を超える可能性があると予想されます。

将来的にメジャーリーグに挑戦すれば、数10億円になる可能性も秘めていますね。

今後の活躍に期待しましょう。